自分に合った金融

メインバンク選びの一要素として、コンサルティングサービスの有無を考慮することが重要です。

融資の受け方、資産運用といった点において、信頼を置いて付き合うことができる金融機関を選びたいとおもうことはだれしもが思うことです。
それは個人にしろ、法人にしろ、今置かれている資産状況と向き合い、適切なアドバイスを受けたものです。

組織がしっかりしている金融機関ほど、コンサルティング部門がしっかりしている傾向にあります。例えばメガバンクであれば、専門のコンサル会社を同一グループに持っています。
また、地銀でもコンサル部門、あるいはコンサルとは言わないものの強力なFPはコンサルに似たようなサービスが提供されます。

これらのサービスは積極的に利用するべきです。先述したメガバンクであれば、大口の顧客であれば専門のコンサルティング会社がチームを組んでくれ動いてくれるでしょう。
また、小規模でもRMやFPがコンサルティングをしてくれるはずです。

ただし、一概に何が良いということはなく、人と人との付き合いによるところが大きいとも思われます。たとえ優秀なコンサルタントがついたとしても、今置かれている資産状況に得意/不得意があったりして、
結局自分に合った資産形成にならないということも多々あります。一番の決め手は、相談役との相性です。色々足を運び、サービスを選ぶという姿勢が大事になるでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。