自分に合った金融

最近は、高校卒業後に大学へ進学する人がかなり多くなっています。二人に一人が大学に進学している時代です。両親にとって子供が大学に行くことは、大変喜ばしいことなのですが、資金面では不安になる家庭もあります。さらに追い打ちをかけるのが実家から通えない私立の大学に行くという子供さんもいるのです。一人暮らしとなると、賃貸マンション・アパートの家賃、電気代、水道代、ガス代、携帯電話代、勉強の書籍類など、まだまだたくさんの物にお金を使わなければなりません。地方でも10万円以上はかかるでしょう。そして、忘れていけないのが大学の授業料です。一般的に私立は文系の学部より理系の学部が授業料が高い傾向にあります、実験器具や研究費のためでしょう。文系の学部でも一年に約100万円以上しますから、4年間になりますと、授業料だけで400万円以上かかる計算になります。奨学金の制度もありますが、大金を借りてしまうと将来に不安ができてしまうでしょう。どうすればいいのでしょうか。解決策はアルバイトをしながら、節約するしか無いです。極力お金を使わないよう生活の中に工夫を取り入れ頑張っていかなければなりません。その頑張りは、将来就職したときにきっと役に立つはずです。

コメント

コメントを受け付けておりません。