自分に合った金融

企業の成績表である「決算書」には、「貸借対照表」と「損益計算書」と「キャッシュフロー計算書」があります。
このうち「貸借対照表」は、企業がどうやってお金を調達し、それを何に使っているかが一目でわかるようになっています。
貸借対照表は、中身が大きく三つに分類されます。
それは「資産」と「負債」と「資本」です。
資本の部分は投資家から調達したお金であり、返済は不要のものです。
負債の部分は、金融機関から借りるなどで調達したお金であり、必ず返済しなければならないものです。
そしてこれらの調達したお金を使って、工場を建てたり、機械設備を購入して、商品を生産していくのです。

このバランスをうまく取らないと、企業の経営は難しくなります。
例えば、借入をあまり多くしてしまうと、返済利息が膨らみ、企業の収益を圧迫してしまいます。
一方で、資本の部分は投資家から集めるお金であり、返済は不要のものですが、集めるためには手間や時間がかかり、欲しいときにすぐに調達できる資金ではありません。

また、設備や工場などへの投資についても、いくら儲けがでるのかをしっかりと検討したうえで行わなければいけません。
このように、お金をどうやって調達し、それをどのように使うのかについては、しっかりと検討し、バランスを取りながら行わなければならないのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。